« 「会計と実体経済~レトリック会計学を超えて~」の講義資料 | トップページ | ストック・オプションの費用認識の根拠と算定方法を考える »

定期試験の出題範囲について

7月10日の最終講義の冒頭で定期試験の範囲についてアナウンスしましたが、補足があるのでここに掲載して通知します。

1.学期中に行った最後の小テスト(第2回小テスト)以後に扱った「排出量取引」から
 1題、出題します。
2.最終講義で再度取り上げた新株予約権、ストック・オプションの会計から1題出題  します。
3.その他は学期中に扱ったテーマすべてを出題の範囲とします。したがって、学期中 に行った小テスト、レポートで出題した問題、課題と類似の問題、課題を出題する可 能性もあります。
4.ただし、最後のテーマ、「国の特別会計」は出題範囲外とします。この点は7月10  日の授業の時にアナウンスしませんでしたので注意してください。(学部の教務係  掲示版に掲示をします。)
5.計算ないしは仕訳の問題と記述式の問題を両方、出題します。

|

« 「会計と実体経済~レトリック会計学を超えて~」の講義資料 | トップページ | ストック・オプションの費用認識の根拠と算定方法を考える »