« 「収益認識の会計基準をめぐる国際的動向」 講義用資料 | トップページ | 「金融商品の会計」講義資料 »

「収益認識の会計基準をめぐる国際的動向」(Part2,Part3) 講義用資料

講義の進行に比べ、更新が遅れましたが収益認識を巡る授業で配布した講義用資料を掲載します。

収益認識の会計基準をめぐる国際的動向(Part2)
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/revenue_recognition_international_part2.pdf

収益認識の会計基準をめぐる国際的動向(Part3:まとめ)
~公正価値モデルと実現・稼得モデルの対比を中心に~
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/revenue_recognition_international_part3.pdf

各モデルの比較表
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/revenue_recognition_comparison_models.pdf

公正価値モデルと実現・稼得モデル~設例による比較・検討~
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/revenue_recognition_seturei_fairvaluemodel_vs_earningproce.pdf

なお、講義で取り上げた、収益認識の会計基準に関するIASB-FASBの共同プロジェクトが2008年12月に公表した討議用資料の全文は次のとおりです。
Discussion Paper, Preliminary View on Revenue Recognition in Contracts with Customers, December 2008
http://www.iasb.org/NR/rdonlyres/0E3D5E00-B961-42F0-BA64-AB1D20BB9FE9/0/DP_PreliminaryViewsRevenueRecognition1208.pdf

|

« 「収益認識の会計基準をめぐる国際的動向」 講義用資料 | トップページ | 「金融商品の会計」講義資料 »