« 第1回小テストの正解と解説 | トップページ | 税効果会計 補足資料 »

(訂正)自己新株予約権を消却する時の会計処理

「負債と資本の区分」の講義のなかで触れた、自己新株予約権を消却した時の会計処理(スライドNo.55で示した仕訳)に誤りがありましたので訂正します。

〔設例〕30,000円の払込金を受けて発行した新株予約権を100,000円で取得し、その後、当該自己新株予約権を消却した時の会計処理はどうなるか?

訂正前の仕訳
 (自己新株予約権消却損)  70,000
        (自己新株予約権)  70,000

訂正後の仕訳
 (新   株   予   約  権)  30,000
 (自己新株予約権消却損)  70,000
        (自己新株予約権)100,000

消却された自己新株予約権に対応する新株予約権を消去する必要があり、それには上の訂正後の仕訳が正しい処理といえます。

|

« 第1回小テストの正解と解説 | トップページ | 税効果会計 補足資料 »