« 2009年度夏学期「財務会計」の開講にあたって | トップページ | 講義用資料(2009年4月10日)の掲載 »

講義用資料(4月7日配布)の掲載、小テストとレポート提出に関する追記

〔1〕講義用資料の掲載

4月7日の授業の時に配布した講義用資料を掲載します。

講義用資料(連結会計1)2009年4月7日配布
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/zaimukaikei_kougisiryo20090407.pdf

教室で受け取れなかった受講者はこれを印刷して持参すること。
なお、「連結会計」の講義では昨年度冬学期の駒場での授業「会計」で使った、醍醐聰『会計学講義』第4版、東京大学出版会、をテキストに準じて使うので持参すること。

次回(4月10日)の授業は連結範囲の講義の続き(上の資料のスライド、No.11, No.12で触れた連結の範囲に関する現代的な論点、基準)から始め、資本連結の説明へ進みます。

4月10日の授業の時に、第1回レポートの課題とレポート作成・提出にあたっての諸注意(参考文献・資料の紹介を含む)をします。

〔2〕小テストと課題レポートの作成・提出方法・成績への換算方法について

学期中に行う小テストは、
 ①1週間前の授業の時に実施の日時、出題範囲を通知します。
 ②時間は30分程度
 ②試験にあたっては持ち込みはすべて不可とします。

レポート提出の場合は、
 ①授業の中で課題とレポート作成にあたっての諸注意(参考文献・資料   の紹介を含む)をします。
 ②提出期限は、課題を提示した授業が、
    火曜日の場合は翌週の金曜日の授業の時、
    金曜日の場合は翌々週の火曜日の授業の時、
   とします。提出日が授業のない日場合は別途、指示します。
 ③成績は小テストとレポートの合計点3割、学期末定期試験7割の比率   で評価しますが、担当教員が優秀と判断したレポート提出者には3割   の枠にかかわらず、一回につき5点を加算します。 
 ④実質的に同じ内容のレポートと担当教員が判断した場合は、それらレ  ポートすべてを無効(ゼロ評価)とします
 

|

« 2009年度夏学期「財務会計」の開講にあたって | トップページ | 講義用資料(2009年4月10日)の掲載 »