« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月

第1回小テストの成績分布

1小テストの成績分布と平均点は次のとおり。

成績分布(受験者総数 111名)

 15点  10人       9点   11
 14点  11人       8点    5
 13点  11人       7点     8
 12点  11人       6点    6
 11点  15人       5点    6
 10点   2人         4点以下 15

平均点 9.57

|

第1回小テストの正解と解説

 昨日(526日)に実施した第1回小テストの正解とその解説を掲載します。(この次の記事で成績分布を掲載します。)

正解
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/mini_test_no1_seikai.pdf


配点
 (第1問)商品期末棚卸高と売上原価の金額は各1点、その他は各0.5点
 (第2問)4

解説

洗い替え法による貸倒引当金の戻入と繰入
 期末残高62百万円を「貸倒引当金戻入益」として特別利益に計上する。
 当期要引当額48百万円(=3,200×0.015)を販売費及び一般管理費に計上   する。

商品の売上原価と期末棚卸高の計算
 総平均法による単価=(前期繰越高+当期純仕入高)/当期受入数量
          =6,578,000,000820,000
                =
8032.9

 売上原価=総平均単価×当期売上数量
     =8032.9円×610,000
     =4,900(百万円)
 期末棚卸高=総平均原価×期末棚卸数量
     =8032.9円×210,000
     =1,687(百万円)

支払利息の前払い分の繰り延べ
 200771日に支払った利息(=400万円)のうち、200841日~2008630日の3ヶ月分(100百万円)は前払いに当たるので前払利息として次期へ繰り延べる。その結果、当期の営業外費用に計上する支払利息は300百万円となる。

受取地代の見越し計上
 期中では地代の受け払いはないが2007121日~2008331日までの4か月間、店舗用に土地を提供済みなので、それに見合う地代15百万円(=45×412)は発生していると考え、当期の受取地代として見越し計上する。

|

決算演習(精算表完成)問題の正解

直近の記事で掲載した決算演習問題(精算表完成問題)の正解を掲載します。
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/kessan_enshumondai_seikai_20080524.pdf

【正解の解説】

Ⅰ.商品の売上原価と期末棚卸高の計算(その都度後入先出法による。)
  売上原価:
     5月27日販売分 5月10日仕入分 10,000円×20万個
                                前期繰越分    10,000円× 4万個
                売上原価小計   2,400百万円
   10月27日販売分 9月21日仕入分 10,500円×18万個
               7月 7日仕入分  10,200円×28万個
                売上原価小計   4,746百万円
    3月13日販売分 1月27日仕入分 10,800円×25個
               12月10日仕入分 10,600円×20個
                売上原価小計   4,820百万円
                売上原価合計    11,966百万円
    期末棚卸高:
      商品受入合計額-売上原価
     =(13,360+1,600)-11,966
     =2,994百万円

Ⅱ.決算整理の仕訳
 ①貸倒引当金の洗い替え
        貸倒引当金の残高をいったんゼロにして、当期の要引当額を繰り入れる。
     (貸倒引当金)    60  (貸倒引当金戻入益) 60
     (貸倒引当金繰入) 80  (貸倒引当金)      80

 ②商品取引の整理
    前期繰越高を仕入勘定に振り替え、当期受入商品合計額を求める。
     (仕   入)    1,600  (繰越商品)          1,600
    期末棚卸高を仕入勘定から繰越商品勘定へ振り替え
     (繰越商品)      2,994  (仕   入)          2,994
    これによって仕入勘定の借方残高は売上原価を表すことになる。

 ③有形固定資産の減価償却
     (減価償却費)   800     (備品減価償却累計額)400
                                              (建物減価償却累計額)400

 ④支払利息の前払い分の繰り延べ
     (前払利息)    100  (支払利息)      100
     2007年4月1日~2007年7月31日分は次年度が負担すべき前払い
       10,000百万円×0.03×(4/12)=100百万円

 

|

決算演習(精算表完成)問題

これまでの講義(教科書でいうと第3~5章、第6章の6-4まで)の理解を確かめるための演習問題を用意したので、第1回小テストの準備として、各自、解答すること。正解と解き方は明日(5月23日)中にこのブログに掲載します。

決算演習(精算表完成)問題
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/kessan_enshumondai2008hogakubu.pdf

|

第1回小テストの通知

次のとおり、第1回小テストを行います。

5
26日(月) 講義時間の最後の40分 
教科書第345章と第6章の64までを範囲として、精算表の完成問題またはそれに財務諸表の作成問題を加味した問題を出題します。
電卓の持ち込み可

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »