« 2007年6月 | トップページ | 2008年4月 »

2007年7月

定期試験の正解と解説を掲載します

本日(7月26日)実施した「財務会計」の定期試験の正解と解説
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/teikisiken_zaimukaikei__seikai.pdf

|

通知:定期試験の正解の掲載

 26日に行う「財務会計」の定期試験の正解を後日(7月28日に)このブログに掲載します。各自、自分の解答と照合してください。

|

復習用問題(Part2)の正解を掲載します

「財務会計」(2007年度夏学期)の復習用問題(Part2)の正解と多少の解説
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/fukushumondai_seikai_Part2.pdf

|

復習用問題(Part1)の正解を掲載します

「財務会計」(2007年度夏学期)の復習用問題(Part1)の正解と多少の解説
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/fukushumondai_part1_seikai.pdf

|

復習用問題(Part2)を掲載します

復習用問題(Part2)
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/fukushu_mondai_part2.pdf

後日、解答のヒントないしは簡潔な解答を掲載します。

|

復習用問題(Part1)を掲載します

定期試験の範囲の復習用問題(Part1)を掲載します。
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/fukushu_mondai_Part1.pdf

解答のヒントあるいは簡潔な解答を後日、掲載します。

|

講義用資料の一部補足と復習問題掲載の通知

 7月7日に掲載した「公会計」講義用基本資料(Part1)に記載漏れが一箇所がありましたので、その箇所を上書きのうえ、再掲しています。補足箇所は次のとおり(3ページ、赤字の部分)。

  その結果、次の計算式で求められる「実質単年度収支」が当年度に固有の収支差
 を表すと考えられる。


  実質単年度収支=単年度収支+積立金繰入額+地方債繰上償還額-積立金取
              崩額

 
*************************************************************

 4回の小テストの範囲外の講義内容の復習のための問題と解答のヒントを7月16日までに、このブログに2回に分けて掲載しますので、活用してください。

|

「公会計」講義用資料(Part2:完)を掲載します

「公会計」講義用資本資料(Part2)
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/kokaikei_part2.pdf

|

「公会計」講義用資料(Part1)を掲載します

次回(7月9日)から「公会計」を取り上げます。
その講義用基本資料(Part1)
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/kokaikei_part1.pdf

地方公共団体の各種決算収支の仕組み
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/kakushu_kessanshushi.pdf

各自、印刷して持参すること

上記以外の補足資料(図表等)は教室でプリントを配布します。

|

「負債の会計」の講義用資料を掲載します

 前回(7月5日)で終了した「負債の会計」の講義用資料は教室で配布しましたが、念のため、このブログに掲載します。

負債の会計
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/fusai_no_kaikei.pdf

退職給付債務と年金負債の計算構造
http://sdaigo-kougi.cocolog-nifty.com/taishokukyufu_to_nenkinfusai.pdf

 残り3回の講義は「公会計」を取り上げます。講義用の資料は、まもなく、このブログに掲載します。各自印刷して講義に持参すること。

|

« 2007年6月 | トップページ | 2008年4月 »